トランプ発言でドル安・・・・・

今夜は地区連銀総裁発言に注目・・・・・
昨日の海外市場では、トランプ氏が会見で、中国、メキシコとともに、我が国を名指しして、貿易不均衡をなじった事から、ドル円は114円台に急落しました。

又、米10年国債入札が好調な結果となり、長期金利が一時、大幅に低下した事もドル売りを強めた模様です。この為、金利が下げ渋ると、ドルの買い戻しも見られました。

しかし、本日の東京時間には、今後、貿易問題や医薬品問題が焦点となるとの見方から、輸出株や医薬品株が急落。日経平均株価が大幅安となり、ドル円も114円台前半まで再び急落しています。

今夜の海外時間には、5人の米・地区連銀総裁発言が予定されています。ここでドル高を懸念する発言が飛び足すと、ドル売りの地合いを更に強める可能性もあり、注意が必要となりそうです。