森ヒルズリートは大幅高、増資発表も分配金増加を好感

 森ヒルズリート投資法人<3234.T>は大幅高。15日に公募増資を発表したが、同時に明らかにした分配金(配当に相当)見通しは増加する見通しであり買い安心感が広がった。同投資法人は、2万2000口の公募と、上限1100口のオーバーアロットメントによる売り出しを実施する。発行価格は、25日から27日までのいずれかの日に決定する。同投資法人は森ビルがスポンサーで、オフィスビルのほか住居などへの投資を行っている。今回の増資による調達金額は約105億円で、愛宕グリーンヒルズとアーク森ビルの追加取得に充てる。同時に発表した2013年7月期の1口あたり予想分配金は9400円、14年1月期は同1万円(13年1月期予想は9100円)と増加を見込んでいる。
 この日、投資口価格(株価に相当)は一時、前週末比2万1500円高の47万1500円まで買われた。13年7月期と14年1月期の予想分配金から試算した分配金利回りは、約4.1%となる。

 森ヒルズリート投資法人の12時55分現在47万1000円(△2万1000円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)