よみランドが4日ぶり大幅反発、金融緩和メリットで含み資産関連に再注目

よみうりランド<9671.T>が4日ぶりに大幅反発。きょうは日銀の次期総裁人事が控える中、一段の金融緩和観測が強まっており、余剰資金の流入による不動産市況の上昇思惑から幅広く不動産株が買われている。同社は船橋、川崎競馬場をはじめ保有不動産が多い、いわゆる含み資産株の一角にあり、不動産市況の上昇は含み資産の拡大につながるとの思惑から、再び注目を集めているようだ。

よみランドの株価は14時33分現在454円(△32円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)