野村HDが反発、相場全般の地合い改善を反映

 野村ホールディングス<8604.T>が反発。東証1部銘柄の9割の銘柄が上昇するという全面高商状を受けて、相場の地合い改善を映して証券株にも買いの矛先が強まっている。注目されたG20を無事通過し、とりあえずアベノミクスに対する世界の理解を得て為替の円安トレンドが維持、当面の株式市場も堅調に推移するとの思惑が働いている。同社株は前週後半に3日続落で調整を入れていた反動もあり、押し目買いが厚くなっている。

野村HDの株価は15時00分現在541円(△13円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)