今夜から明朝の注目材料は? 

今夜から明朝の注目材料は? 
東京市場のドル/円相場は一時94.00円を挟んでのもみ合いとなりました。

ここからの動き出しはあるのかどうか、今後予定されている経済イベントから考えてみましょう。

2/18(月)
18:00 (ユーロ圏) 12月経常収支
18:00 (ユーロ圏) ノボトニー・オーストリア中銀総裁、講演
23:30 (ユーロ圏) ドラギECB総裁、議会証言

2/19(火)
08:50☆(日) 日銀金融政策決定会合議事要旨(1月21日・22日分)
09:30☆(豪) RBA議事録
※☆は特に注目の材料

今日は材料難と言わざるを得ません。つまり目新しい報道や要人発言があるかどうか、本日これから相場が動くかどうかはそこにかかっていると言えるでしょう。

特に、ドル/円については次期日銀総裁の人事に絡む報道や、22日の日米首脳会談に向けた観測報道が手掛かり材料として重要になってくるでしょう。

ユーロについては、イタリアの総選挙に向けた思惑などにも要注意です。