西菱電機が13年3月期業績予想を上方修正、スマホ普及で携帯販売台数が増加

 西菱電機<4341.OS>がこの日の取引終了後、13年3月期の連結業績見通しを従来予想の売上高170億円、経常利益3億5000万円から、売上高183億円(前期比19.0%増)、経常利益4億7000万円(同4.5倍)に上方修正した。情報通信端末事業においてスマートフォン市場の拡大で携帯端末販売台数が増加したほか、携帯電話修理再生事業では受付台数が増加し、情報通信システム事業では地方自治体向けMCA防災行政無線整備工事の受注が増加したことなどが業績を押し上げた。なお、業績予想の上方修正に併せて、期末一括配当を従来計画の15円から25円(前期15円)に引き上げると発表している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)