11000~11500円のボックス圏のもみあい続く可能性

テクニカル面や需給面からみると、調整続く可能性高い
 先週の予測では、日銀金融政策決定会合、G7、G20があり、為替に左右される展開になるとし、これまで日経平均は円安を唯一の材料にして上昇してきているため、円安一服で下落となるとしました。又、前週の高値で当面「節分天井」になる可能性もあるとしていました。結局、週初めには昨年来高値に迫る場面もありましたが、円安基調が一服となり上値が重くなって、週末15日(金)は11065円まで下げて▼133の11173円で引けました。
 今週は、G20の声明を受けてこのまま円安継続が当面は困難になったとも思われますので、円安の流れが一服する可能性が出てきました。そうなると、短期筋による利益確定売りも出やすく、高値圏での荒い動きとなるかもしれません。下値は25日移動平均線(2月18日時点11009円)が下値ポイントとなりますが、11046円を終値で切ってくると柴田罫線で短期の売転換出現となってきます。トピックスは既に先週末の15日(金)に売転換が出現しています。
 週明けの18日(月)は、G20で日本の直接の批判がなかったということで円安進行となり、1ドル=94円台への進行を受けて△234の11407円で引けました。11000~11500円のレンジが想定されますが、11153円を引線の終値で切ると短期の売転換出現となります。出来高は31億株と減少してきています。この状況が続けば11500円突破は難しいところです。