花王が連日の高値、アジアの消費者向け事業10期ぶり営業黒字と伝えられる

 花王<4452.T>が連日で昨年来高値を更新している。19日付の日本経済新聞が「中国が牽引し、2013年12月期は紙おむつなどアジアの消費者向け事業が10億~30億円程度の営業黒字を確保しそうだ」と報じたことが好感された。同事業の前期は損益ゼロで、黒字になるのは04年3月期以来10期ぶりになると伝えており、海外事業収支の改善による連結収益への貢献が期待される。今12月期は連結純利益730億円と05年3月期の721億円を上回り過去最高益を更新を予想しているが、早くも上ブレが観測され、発行済み株式総数の2.4%にあたる1250万株を上限にした自社株買いも下値を支えている。

花王の株価は9時13分現在2927円(△17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)