航空電子が高値圏でしっかり、フシ抜け前に一服の相場つきで貸借倍率も改善中

 日本航空電子<6807.T>が高値圏でしっかり。1月23日の600円安値を底に切り返し急の展開となっており、740円近辺のフシ抜けを前に一服の相場つき。発表済みの13年3月期第3四半期累計(12年4~12月)連結決算は、主力のコネクター、タブレットPC向けが好調で、大幅増収増益での通過となった。時価はPER14.4倍、PBR1.06倍と過熱感はないほか、日証金速報ベースの貸借倍率は1月23日の24倍台から、きのう18日の2倍台へ急速に改善する格好となるなど、今後は需給妙味が台頭する素地もある。週足では12年5月高値759円を起点とした上値抵抗線を突破してきたばかりとなっており、新展開入りに期待がかかる。

航空電子の株価は12時39分現在737円(▼1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)