<後場の注目銘柄>=巴工業、シェールガス用装置が需要増

 巴工業<6309.T>はもみ合い上放れの機をうかがっており、下値は好仕込み場だ。1800円台半ばの上値のフシを抜けると一気に2000円台活躍が有望。PER11倍台、PBR0.7倍台と割安感が強く、水準訂正高期待は十分だ。

 同社は中堅化学機械メーカー。北米のシェールガス革命の追い風を受けて、生産に使用する遠心分離機が大幅に伸長している。中国では塩ビプラント向けの遠心分離機が増勢基調にある。

 また、化学事業ではコンクリート強化材が、トンネルなどの防災・減災工事増加の恩恵を受けて拡販が見込まれている。13年10月期連結経常利益は7%増の28億円見通しだが、円安傾向から上振れする可能性がある。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)