古河電地が堅調、13週移動平均接触で再浮上

 古河電池<6937.T>がじわりと出直りに転じてきた。仕手系材料株としての素地を持ち、動意場面では提灯買いがつきやすく足の速さで群を抜く。同社の12年4~12月期連結決算は売上高が前年同期比2%増の309億8700万円、営業利益が同18.8%増の15億300万円と順調な拡大をみせた。新車組付用電池が伸び悩んだものの産業用電池が好調に売り上げを伸ばしている。株価は13週移動平均線とのカイ離調整完了で再上昇の機が巡っている。

古河電池の株価は13時26分現在530円(△3円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)