住金物産が小幅高、割安修正継続で配当取り先回りの動きも

 住金物産<9938.OS>が小幅高。13年3月期連結業績見通しの上方修正、期末増配を発表して以降、断続的な人気となっている。3月期末は従来4円から8円に引き上げられている。時価は年初から水準が切り上がったとはいえ、PER5倍台、PBR0.7倍台といまだ割安感は強い。3月に会社四季報が発売されるが、「スクリーニングなどで同社株のような好業績で利回り妙味(年4.1%)のある銘柄が人気になる可能性が高いのではないか」(市場関係者)という。会社四季報の売れ行きが好調との報道もあり、オーソドックスな銘柄選別が有効となる公算は大きそうだ。

住金物産の株価は13時37分現在298円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)