三菱電が小幅安、海外売り上げ比率33%と低く上振れ余地小さいとの見方

 三菱電機<6503.T>が小幅反落。海外売り上げ比率が33%と電機セクターのなかで低く、業績予想の上振れ余地が小さいとの見方が買いを手控えさせている。中国向け中心にFA連やパワー半導体が厳しい状況が続いているとして、直近でSMBC日興証券が投資評価「2(中立)」を据え置き、目標株価を790円から740円に引き下げている。

三菱電の株価は13時43分現在778円(▼2円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)