ケーヒンが反落、みずほ証は「北米増産コスト増や中国向け部品出荷減少で今期会社計画未達」と

 ケーヒン<7251.T>が反落。19日付でみずほ証券が目標株価を1170円から1350円に引き上げたが、外国為替市場で円が強含んだことで利益確定低売りが優勢になった。みずほでは今13年3月期は北米の増産コスト増や日本からの中国向け部品出荷減少により、円安効果を加味しても会社計画の達成は難しいとみており、投資判断は「中立」を継続している。

ケーヒンの株価は14時28分現在1367円(▼23円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)