不二精機の12年12月期は経常赤字転落も今期は回復見込む

 不二精機<6400.OS>は19日に12年12月期決算を発表した。連結売上高は前の期比23.5%減の44億4900万円と大幅減収で、営業利益は同86.1%減の2400万円と大幅にダウン、経常損益は前年同期の7000万円の黒字から4200万円の赤字に陥った。受取保険金を特別利益に計上したことで、純利益は前年同期の600万円から2億2700万円に膨らんだ。精密金型の一部受注の検収時期が翌期へずれ込み、売上高が計画を下回り営業収支が悪化、円安による為替差益が発生したことで経常損失は若干縮小したが、タイ洪水被害による建物・機械などの固定資産やたな卸資産の毀損などで、災害による損失3億8700万円を計上したことで最終利益は予想を下回った。今13年12月期の売上高は12.1%増の49億8700万円と2ケタ超の増収、営業利益1億4700万円への回復を見込み、経常利益は3400万円と黒字浮上する。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)