アップルの前12月期は中国子会社悪化で営業赤字に

 アップル<2788.T>はこの日大引け後に前2012年12月期決算を発表、連結営業損益では当初計画の6億9300万円の黒字に対して4400万円の赤字(前々期実績1億1000万円の黒字)となった。中国子会社の主力商品であるメルセデスベンツのモデルチェンジが当初の予想より延期されたことや中国全体で新車販売の競争が激化、他社との値引き競争により1台あたりの利益額が減少したことなどが要因。今期は営業利益8億3500万円を見込んでいる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)