トヨタが反発、4月の国内生産1割増産報道が手掛かり

トヨタ自動車<7203.T>が反発。20日付の日本経済新聞が「トヨタ自動車は4月の国内生産台数を従来計画より1割程度上積みする方針を固めた」と報じた。1日あたりの生産台数を1000台程度増やし1万3000台強にし、5月も同水準を維持する方向で調整すると記事は伝えている。新車投入効果で国内販売が想定を上回る見込みに加え、円高修正で輸出採算も改善していることから増産に踏み出すとしており、同社の来期業績向上に寄与するとの見方から、買いが先行している。

トヨタの株価は9時22分現在4835円(△95円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)