住友商事が反発、欧州モーターコア部品大手を買収

 住友商事<8053.T>が反発。19日付で、子会社の欧州住友商事と共同でプライベートエクイティ投資会社であるBavaria Industriekapital AG(本社・ドイツ・ミュンヘン)傘下の持ち株会社よりモーターコア部品の製造販売事業を手掛けるKienle + Spiess GmbH(K+S社、本社・ドイツ・ザクセンハイム)の100パーセント株式を、今年3月をメドに取得することに合意したと発表した。K+S社は、モーターコア製造分野において、欧州最大手の一角を占めるメーカーであることから欧州でのモーターコア部品の事業展開に期待が高まっている。

住友商事の株価は10時07分現在1172円(△12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)