コニカミノルタが3日続伸、円安傾向で見直し買いが流入

コニカミノルタ<4902.T>が3日続伸。同社は複合複写機が主力で、米欧向けの輸出比率が高く、きょうは為替市場で円安傾向にあることから、収益向上に期待した見直し買いが流入している。13年3月期は日米欧での複合複写機の販売伸長や液晶用フィルムやカメラ交換レンズなどの産業用材料の好調で、連結売上高8000億円(前期比4.2%増)、経常利益440億円(同26.6%増)の好見通しにあるが、足もとの円安傾向から収益上振れの可能性も観測されている。

コニカミノルタの株価は10時28分現在711円(△39円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)