サニックスが騰勢加速し400円台乗せ

 サニックス<4651.T>が7連騰で400円台に乗せ、1月21日の年初来高値392円を払拭した。市場ではボラティリティの高い銘柄として認知されているが、ここにきて投機資金の流入が加速してきた。業績好調で10倍未満のPERが買い攻勢の根拠となっている。1月の月次売上高は44億円と前年同月比で倍増するなど足もと好調で、既に13年3月期の連結業績予想を上方修正、売上高435億円と従来予想から55億円の大幅上乗せ、最終利益も21億円と同2億8000万円の増額を発表している。太陽光発電事業が全体収益を牽引、昨年7月施行の再生可能エネルギー固定価格買い取り制度が追い風となって、太陽光発電システムが当初計画を上回る見通しとなっている。

サニックスの株価は11時30分現在421円(△47円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)