サンフロンティアがストップ高、一段の金融緩和手掛かりに人気継続

サンフロンティア不動産<8934.T>が、ストップ高となる7万9200円まで急伸し、連日で昨年来高値を更新している。日銀の新総裁人事の国会提示を来週に控え、新総裁による一段の金融緩和観測が強まっている。余剰資金の流入から不動産市況上昇の可能性が指摘されており、不動産市況の上昇はビル再生事業を手掛ける同社にとって、収益拡大要因になるとの見方からの思惑買いが継続している。

サンフロンティアの株価は12時31分現在7万9200円(△1万円)カイ気配。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)