<後場の注目銘柄>=ジャックス、PBR割安、純利益増額も

 ジャックス<8584.T>が調整一巡から出直るタイミングにあり注目。

 同社はMUFGグループの信販大手で消費者信用を軸に安定した収益性を維持している。13年3月期はカードショッピングが好調ながら、改正貸し金業法による総量規制が影響して融資減少が足を引っ張っている。

 しかし、一方で最近の株式市場の上昇に伴い株式評価損が急減、会社側見通しの最終利益70億円は増額含みで、2ケタ増益の公算が大きくなった。

 チャート面では、年明け以降の調整で13週移動平均線との上方カイ離が解消されており、押し目買いの好機だ。PERが10倍前後、PBRは0.6倍台と指標面からの割安さも買いの手掛かりとなる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)