三菱ケミHDが業績予想の下方修正を発表、売上高・営業利益は減額も最終利益は増額

 三菱ケミカルホールディングス<4188.T>が反発。この日の午後に13年3月期の業績見通しを、従来予想の売上高3兆2000億円、営業利益1200億円、純利益210億円から、売上高3兆1200億円(前期比2.7%減)、営業利益1000億円(同23.4%減)、純利益230億円(同35.2%減)に売上高、営業利益を下方修正し、純利益は上方修正した。第4四半期は、為替差益の向上が見込まれるものの、ポリオレフィンやMMAなどの需要及び市況が前回発表時の想定を下回る見込みであることから、売上高、営業利益については下方修正したとしている。
 一方、純利益については、資産売却益の計上や投資有価証券評価損の戻り入れなどによる特別損益の改善などを見込んでいることから増額修正している。

三菱ケミHDの株価は14時05分現在421円(△12円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)