住友鉱山は3日続落、金市況下落で警戒売り続く

 住友金属鉱山<5713.T>が3日続落。株価は前日比61円安の1450円まで売られている。欧州債務危機の一服から安全資産としての金の需要が低下しており、20日のNY金先物価格は1トロイオンス=1578ドルと1600ドルを割り込み、約半年ぶりの安値に下落している。同社は金市況が収益に影響するが、今期業績の想定金価格が1トロイオンス=1650ドルとしており、足もとの金市況下落方向から収益への悪影響を警戒した売りに押されている。

住友鉱山の株価は11時20分現在1453円(▼58円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)