JALが続伸、追加コスト削減40億円報道が手掛かり

日本航空<9201.T>が続伸。21日付の日本経済新聞が「日本航空は13年3月期に物品調達費などを中心に40億円規模の追加コスト削減に踏み切る」と報じた。米ボーイング787型機の運航停止が利益の押し下げ要因となるが、合理化効果で吸収し、今期の連結営業利益は従来予想の前期比9%減の1860億円を確保する見通しと記事は伝えており、目先の業績悪化が回避されるとの見方から、買いが優勢になっている。

JALの株価は9時09分現4395円(△45円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)