<動意株・21日>(大引け)=ドワンゴ、大日塗、スバル興など

 ドワンゴ<3715.T>=急伸。動画投稿共有サイト「ニコニコ動画」を展開し、これを成長エンジンに業績は急回復途上にある。今9月期経常利益は前期比1.5倍の20億円を見込むが、株価も業績変化を見込んで上昇急、08年7月以来4年7カ月ぶりの水準に歩を進めている。ネット選挙運動解禁の流れの中で党首討論会開催の実績もあるだけに、関連有力株としての位置づけも。

 大日本塗料<4611.T>=反発。住宅建材用塗料では国内シェアトップで、復興需要の取り込みが継続している。また、橋梁やトンネルなどのコンクリート構造物に使用される鉄筋用防錆塗料に強く、老朽化インフラの再整備向け需要が旺盛。自動車内装品用塗料も堅調なことから、13年3月期の連結経常利益は前期比7%増の24億円見通しだが上振れする公算が大だ。

 スバル興業<9632.T>=続伸。市場では小型の仕手系材料株として位置づけられており、時折、噴き上げる習性がある。道路メンテナンス事業が主力で公共投資拡大の恩恵を受けるほか、不動産事業を手掛けることから、このところの金融緩和に伴う不動産関連の出遅れとしての側面もあり、きょうは短期資金が流入したようだ。

 岩崎電気<6924.T>=4日続伸。同社は省エネで長寿命のLED照明を手掛け、工場の天井照明や道路灯など国内外での拡販から、16年3月期には関連売上高で250億円(今期予想比2.5倍)まで引き上げる方針で、LED照明を中核とした収益の拡大期待が大きい。

 石井鉄工所<6362.T>=5日続伸。米国で普及が進むシェールガス関連の一角として短期資金の流入が継続。週末に行われる日米首脳会談で、安倍首相がシェールガスの対日輸出解禁をオバマ大統領に要請するとも伝えられており、シェールガスの受け入れ・出荷基地整備から、LNG(液化天然ガス)タンクの需要拡大思惑が膨らんでいる。同社は石油貯蔵タンクが主力だが、LNGタンクでも実績がある。

 帝国繊維<3302.T>=4日続伸。安倍政権が原発の再稼働に対して前向きな姿勢を見せていることから、福島第1原発事故の収束で活躍した緊急時の冷却給水の切り札であるハイドロ・サブシステムへの受注拡大に対する期待が高い。原発の再稼働には最大限の安全対策が必要不可欠であり、放射性粉じんの入りにくいRI防護服なども手掛ける同社に関心が集まる。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)