ユーロドルは重要なポイントに

トレンド・ラインにタッチ
ユーロドルが急落しています。

欧州時間にはいって、発表された独/ユーロ圏・2月製造業/サービスPMI欧州株が全面安になっていることなどから、ユーロが売られユーロドルは1.32割れまで下げています。このポイントは非常に重要なポイントです。というのも昨年7月の安値と11月の安値を結んだ上昇トレンド・ラインがちょうどこのあたりにあるからです。

日足一目均衡表ではすでに価格と転換線が基準線を下回っていますし、今のレートで今日が引ければ遅行スパンも明確にローソク足を下抜きます。すでに売りサインがいくつもでているのですが、それらにトレンド・ライン・ブレイクが重なれば「ユーロを守るために必要なら何でもする」とドラギECB総裁が述べたことで始まった「ドラギ・マジック」相場が一旦終わることになります。

上昇トレンドが終わったからと言って必ずしもすぐに下落トレンドになるとは限りませんが、ドルが全般的に強い事を考えれば、昨年末からのドル円の上昇にポンドやユーロが追い付いて行くとも考えられます。