ケンコーコムが暴騰モード、需給相場の色彩一段と

 ケンコーコム<3325.T>の上げ足が一段と加速、前日のストップ高に続き一時6万2000円高となる37万4000円まで買われるなど需給相場の様相を強めている。きょうで6連騰となり、この6立会日で株価は何と2.4倍となっている。最高裁判決を受けた大衆薬ネット販売の事実上解禁などを材料に昨年12月下旬から1月中旬にかけて株価は6倍となる急騰を演じ、マーケットの耳目を集めたが、その後13年3月期通期の連結業績見通しを下方修正し、営業利益は赤字見通しに下方修正したことなどを受けて急反落を余儀なくされていた。しかし、売り一巡感の出た今月14日に十字足を示現してからトレンド転換、特定資金の買い攻勢思惑などを背景に連日マドを開けての急反騰を演じている。
 目先のスピード警戒感は禁じ得ないが、参戦はデイトレーダーなど日計り資金が中心で、「今週に入り5日・25日移動平均線がゴールデンクロスを示現したのを号砲に短期資金の買いが集中した」(市場関係者)との見方で、騰勢に拍車をかかっている状況だ。

ケンコーコムの株価は9時41分現在36万3000円(△5万1000円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)