ジャパンティッシュが大幅続伸、iPS関連最右翼の一社として人気

 ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング<7774.OS>が大幅高で3日続伸、iPS細胞関連株が再動意となる中で、その中心軸の一社として短期資金の物色対象となっている。今月中旬、先端医療センターが倫理委員会を開催して、目の難病を治療のためのiPS細胞の臨床研究を承認したが、これが人気再燃の契機となっている。また、前日、京都大学の山中伸弥教授が開発したiPS細胞の特許を管理するiPSアカデミアジャパンが日本網膜研究所に特許を使う権利を供与したと発表したことで、これも改めて株価の刺激材料となった形だ。同社は自家培養表皮や自家培養軟骨など再生医療製品を開発製造しており、関連株最右翼の一群に位置している。

ジャパンティッシュの株価は11時06分現在16万7000円(△1万1800円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)