「ドル/円」⇒:中期上昇トレンドでの調整局面

◆◆【主要通貨ペアトレンドチェック】◆◆
※このトレンドチェックでは、原則「平均足改良版の
8時間足チャートを使って現在のトレンドを確認する
ことが目的で、「FXトレンド指南」とは異なるロジックです。

☆「ドル/円」⇒:中期上昇トレンドでの調整局面:
(第1ポジション⇒+611P達成)(第2ポジション⇒+1142P達成):
現在の中期サポートは、92円95銭レベルで上昇して
きています。アジアタイムではこのレベルを伺う様な
局面もありましたが、仮に割り込めば(8時間終値)、
トレンドは「下」、再び「陽線」転換で押し目買いと
なります。

☆「ユーロ/ドル」⇒売りポジションは利益確定に:
(第1ポジション⇒+1230P)、(第2ポジション⇒+1087P):
中期トレドが「下」を示している中、平均足改良版が「陰線」に
転換し、売り(1.3277)を持ち、目標値の1.3216に達し、プラス61Pとなっています。

☆「ポンド/ドル」⇒:中期下降継続、平均足も陰線
継続中:(第一ポジション⇒-226P)(第2ポジション⇒+919P達成)
中期トレンドが「下」を示している中、平均足改良版が「陰線」継続中で、何度か安値更新をしています。
現状も「戻り売り」となります。