東鉄工がしっかり、野村が投資判断「バイ」を継続し目標株価を1600円に引き上げ

 東鉄工業<1835.T>が全般軟調な中でしっかりの展開。野村証券が21日付で投資判断「バイ」を継続し、目標株価を1220円から1600円に引き上げている。13年3月期は上期までは、鉄道向けの土木の受注は低迷していたが、10~12月期では大幅に増加。JR東日本が推進する耐震化の対応も寄与し始めたとしている。これにより、13年3月期での収益寄与は限定的だが、14年3月期以降の業績回復の確度は高まったと判断している。

東鉄工の株価は11時30分現在1367円(△2円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)