<私の相場観>=かざか証券・市場調査部長 田部井 美彦氏

 外国為替市場での円安進行が緩やかとなり、従来の円安加速を推進役とする急ピッチな株価上昇は一服となりそうだ。

 ただ、一時的な調整場面があっても、日経平均株価が1万1000円を割り込む可能性は少なく、3月末までには1万2000円台乗せを目指す展開となりそうだ。

 目先的には、現地22日に開催の日米首脳会談で議論されるTPP(環太平洋経済連携協定)参加や、シェールガスの輸出要請に関連した銘柄が注目を集めそうだ。継続するテーマである金融緩和関連では、東急不動産<8815.T>、東京建物<8804.T>といった都市再開発関連の不動産株に焦点を当てたい。

 3月期末の接近で、14年3月期の企業業績見通しに関心が集まり、円安メリットを享受するのに加え、売上高の増加も見込める自動車、同部品セクターも見逃せない。

 個別銘柄では、震災廃棄物処理の新規受注が見込めるタケエイ<2151.T>、ピックアップトラック好調で過去最高益更新予想のいすゞ自動車<7202.T>、来期以降の業績拡大に期待が掛かるアイシン精機<7259.T>に注目したい。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)