ルネサスが後場急伸、産業革新機構と主要取引先からの出資受け入れ承認を好感

 ルネサスエレクトロニクス<6723.T>が後場急伸。株価は一時、前日比39円高の296円まで買われる場面もあった。複数のメディアが、この日開催された臨時株主総会で、政府系ファンドの産業革新機構とトヨタ自動車<7203.T>など主要取引先8社を割当先とする第三者割当増資を実施し、1500億円を調達することなどが決議されたと報じられていることが好感されているようだ。9月末までに払い込みを完了する予定で、産業革新機構は議決権ベースで69.16%を保有する筆頭株主になるとしており、革新機構主導による経営再建に期待が持たれている。

ルネサスの株価は13時58分現在275円(△18)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)