武田薬は後場プラス圏に浮上、みずほ証が目標株価を4900円に引き上げ

 武田薬品<4502.T>は後場に入って前日比プラス圏に浮上してきた。一時、前日比40円高の4815円まで買い進まれている。みずほ証券が22日付のリポートで、投資判断「中立」を継続しながら、目標株価を4450円から4900円へ引き上げている。
 リポートでは「新興国ビジネスは順調に拡大すると予想したが、本格的な利益回復は自社開発製品が寄与する16年3月期からになるという従来の見方に変更はない」としている。

武田薬の株価は14時12分現在4800円(△25円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)