大塚商会が昨年来高値、省エネ・節電関連事業拡大も買い手掛かりに

 大塚商会<4768.T>が続騰、13日ぶりに昨年来高値を更新した。輸出株が利益確定売りに押されるなか、内需関連の好業績銘柄として人気を集めており、デマンド監視システムなど省エネ・節電関連事業が伸びていることも買い手掛かりになっている。前12月末に続き今期末も増配を予定しており、利回り2.24%と高い。

大塚商会の株価は14時09分現在9380円(△650円)