アイネスが大幅高、マイナンバー制度関連として注目高まる

 アイネス<9742.T>が大幅高。この日の複数のメディアで、自民党が21日、国民全員に番号をふり、個人情報を一元的に管理・把握する「共通番号(マイナンバー)制度」を導入するための法案を了承したと報じられたことを材料視。同社は公共、金融、産業向けに強みを持つ情報処理大手で、地方自治体向けにWeb型の総合行政情報システム「ウェブリングス」などを展開していることから、マイナンバー制度導入による恩恵を受ける企業として注目度が高かった。なお、報道によると、政府は法案を3月1日に閣議決定して同月上旬にも国会に提出する方針で、2016年にも制度の運用を開始する方針としている。

アイネスの株価は14時53分現在695円(△50円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)