22日のNY株式市場の概況 企業業績向上期待や金融緩和維持との見方から3日ぶり反発

前週末22日のNY株式市場は、NYダウが1万4000.57ドルの119.95ドル高と3営業日ぶりに反発し、ナスダック指数は3161.82の30.33ポイント高と3日ぶりに反発した。この日は、企業業績向上への期待や、ドイツの景況感改善などから欧州株式市場が上昇、米金融緩和は維持されるとの見方からから、幅広い銘柄に買いが先行し、終日、堅調な展開だった。NYダウは1万4000ドル台を回復して取引を終えた。ハイテク株比率の高いナスダック指数も、IT関連やネット関連の主力株を中心に買いが先行し、反発して取引を終えた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)