京王が続伸し新高値、13年3月期9年ぶり普通配当増配報道を好感

京王電鉄<9008.T>が続伸し、昨年来高値を更新している。23日付の日本経済新聞が「京王電鉄は13年3月期、9年ぶりに普通配当を前期比1円増の年7円とする公算が大きく、年間配当は記念配1円を含めて8円(前期は普通配のみで6円)にする」と報じたことから、これを好感した買いが先行している。鉄道関連の大型投資が一巡し、不動産事業の強化などで今期に続き、来期以降も利益水準の向上が見込めるとの判断が増配の背景と報じており、足もとの業績堅調も確認された格好だ。 

京王の株価は9時17分現在747円(△14円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)