いちごHD(2337)、大幅反発、1カ月ぶりの陽線

下値リスクは後退、いったんは上値を試す展開か
大幅反発。約1カ月ぶりに陽線が出現しており、買い圧力が強いことを示唆している。2/14に出現した出来高を伴った長い下ひげによって、調整一巡感が台頭。短期的な下値リスクは後退している。今度は上値を試す順番であり、いったんは騰勢が強まりそうだ。上方に窓が存在しておらず、明確は上値メドは算出しづらいが、前回高値(28890円)を試しに行くものと思われる。