円売り再開!?それとも…?

様子見ムードの中、揺さぶられる展開-ドル円・クロス円
※ご注意:予想期間は2月26日と表示されていますが、本日(25日)の東京・欧州・NY市場の値動きを想定した記述となります。
※ご案内:今の抵抗・支持ラインを毎日17時から動画で解説!疑問点は、チャットでその場で回答 マーケット・チェック15分Webセミナー詳細は、下部の関連記事から。

 日米首脳会談を睨んだ先週末は、様子見ムードが台頭する中、やや円売りとなりました。

 まず独IFO景況感指数の好調から欧州株が高く始まり、これを背景にしてユーロ買いが台頭しました。続いて弱い加小売売上高を背景にして対ドルでカナダドルが下落し、相対的にドル買いがもたらされました。こうして円は対ユーロ・対ドルで売られる格好となり、ドル円は93円前半へ、そしてユーロ円は123円後半へと再び値を戻しました。もっとも2013年の欧州成長率見通しを欧州委員会が下方修正したがユーロ円の上値を押さえ、またドル円は日米首脳会談直前で再び強まった様子見ムードから、その後は大きな動きにつながらずに週の取引を終えています。
日米首脳会談の結果+次期日銀総裁報道-円売り
 そうした中で行われた注目の日米首脳会談は、「日米同盟は米国の対アジア政策の基盤」「米国と日本の最優先課題は経済成長」「TPP交渉に際して全ての関税撤廃が前提ではない」等の声明は出されたものの、懸念された円売りに関する内容は盛り込まれませんでした。一方で「次期日銀総裁は黒田ADB(アジア開発銀行)総裁が濃厚」と、一部メディアが報じています。同氏は元財務官ではあるものの、物価目標の導入を唱えるなど金融緩和に前向きとされています。このため週明けの本日は円売りが進行しており、ドル円は約1円、そしてユーロ円は約1.5円の窓を空けてスタートしています。
円売りトレンドは再開するか…?
 こうした中で本日の展開ですが、まずは現在の円売りが「トレンド再開として機能するのか?」が注目されるところです。

 日米首脳会談では「米国はアベノミクスに一定の理解を示した」との思惑も台頭しやすく、より一層の円売りを助長する可能性が指摘されるからです。流動性が極端に乏しい本日のオープニング前(オセアニアタイム)に、仕掛け的な動きから一時2/11高値(94.452円・Bid)を突破する動きを見せたドル円ですが、10/5/4高値(94.971円・Bid)も控えている95円ラインが強力な上値抵抗線として機能しており、その後は引き続き上値を押さえられています。このためこの95円ライン突破の有無が、目先の上方向に対するポイントとなってきます。

 もっとも現在の円売りの一翼を担う“黒田新総裁への思惑”は、有力候補とされた武藤・元日銀副総裁と比べて“金融緩和に前向き”とされているものであり、もう一人の有力候補である岩田・元日銀副総裁と比べると、“金融緩和に前向き”とはいえない状況へと一変します。また日銀総裁人事は衆参両院での賛成が必要となることから、先行きに関しては“依然として不透明”といわざるを得ないところもあります。
イタリア総選挙にも注意必要!
 さらにイタリアでは現在、総選挙が行われています。モンティ氏率いる中道左派連合が勝利すればユーロ買い要因となるものの、勢力を再び伸ばしつつある中道右派(増税反対派)が勝利するようなことがあると、欧州債務危機再燃への思惑がユーロに重く圧し掛かってくることも想定されるところです。

 円売りへと傾斜しつつありますが、まだまだ“波乱含み”と見ておきたいところです。
抵抗・支持ライン
USD/JPY
上値5:94.971(10/5/4高値、大台)
上値4:94.452(2/11高値)
上値3:94.226(ピボットハイブレイクアウト)
上値2:94.000(大台)
上値1:93.637(ピボット1stレジスタンス)
前営業日終値:93.408
下値1:93.339(日足・一目均衡表転換線)
下値2:93.068(ピボット1stサポート、大台)
下値3:92.775(2/21安値、ピボット2ndサポート)
下値4:92.223(2/15安値)
下値5:91.978(2/5安値、大台)

EUR/JPY
上値5:125.895(2/20高値、2/18高値)
上値4:125.021(ピボットハイブレイクアウト、大台)
上値3:124.838(20日移動平均線)
上値2:124.408(日足・一目均衡表転換線)
上値1:123.787(ピボット1stレジスタンス)
前営業日終値:123.180
下値1:122.553(ピボット1stサポート)
下値2:122.376(日足・一目均衡表基準線)
下値3:122.252(2/21安値)
下値4:121.926(ピボット2ndサポート)
下値5:121.211(1/29安値)

EUR/USD
上値5:1.33452(100週移動平均線、ピボットハイブレイクアウト)
上値4:1.33126(50日移動平均線)
上値3:1.32894(2/20~2/22の50%戻し)
上値2:1.32447(2/22高値、ピボット1stレジスタンス)
上値1:1.32104(日足・一目均衡表先行スパン上限)
前営業日終値:1.31854
下値1:1.31450(2/22安値)
下値2:1.31192(100日移動平均線)
下値3:1.30920(ピボット2ndサポート)
下値4:1.30318(日足・一目均衡表先行スパン下限、ピボットローブレイクアウト)
下値5:1.29976(1/4安値、大台)

AUD/JPY
上値5:98.000(大台)
上値4:97.415(2/5高値)
上値3:97.355(ピボット2ndレジスタンス)
上値2:97.068(2/20高値、大台)
上値1:96.905(ピボット1stレジスタンス)
前営業日終値:96.456
下値1:96.234(20日移動平均線)
下値2:95.648(ピボット1stサポート)
下値3:95.070(2/21安値、日足・一目均衡表基準線、大台)
下値4:94.841(ピボット2ndサポート)
下値5:94.391(ピボットローブレイクアウト)

17:49 抵抗・支持ライン追加