武田薬品が小幅反落、腎性貧血治療剤を米国で自主回収

 武田薬品工業<4502.T>が小幅反落。この日午前8時30分に腎性貧血治療剤OMONTYSR(一般名・peginesatide)について、武田ファーマシューティカルズUSAが、米国において自主回収を行うことを発表した。今回の回収は、致命的な経過をたどる可能性のあるアナフィラキシーを含む重篤な過敏性反応に関する新たな市販後報告に基づくもの。致死的な過敏性反応は、全体の約0.02%の患者において、本剤の初回静脈内投与時に報告されている。また、重篤な過敏性反応は、本剤投与後30分以内に発現していることが報告されている。

武田薬品工業の株価は10時10分現在4780円(▼25円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)