JR東海が高値更新後に下落、米高速鉄道受注期待も利益確定売り先行

 JR東海<9022.T>が昨年来高値更新後に下落。24日付の日本経済新聞が「安倍晋三首相が日米首脳会談で米国の高速鉄道整備計画に協力し、超電導リニアモーターカーの技術提供を提案した」と報じたことで、高速鉄道受注へ期待が高まったが、当面の利益を確定する売りが先行している。米国で超電導リニア技術を売り込んでいることから、会社側もビジネスチャンスととらえており、「全面的に技術支援する」と伝えられている。

JR東海の株価は11時07分現在9060円(▼130円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)