サニックス10日ぶり反落、利益確定売りかさむも「需給妙味は増幅」と

 サニックス<4651.T>が10日ぶりに反落。ここ連騰となっていたことから利益確定売りがかさむ展開。22日から日々公表銘柄となり、貸株注意喚起措置がとられたことも高値警戒感を助長する一因となっている模様。13年1月の月次売上高の急増や、13年3月期業績への期待感が先行する相場つきだったが、先週の急騰で「焦点は需給関係に移った」(市場関係者)との見方が多い。22日段階の日証金速報では貸借倍率0.11倍に拮抗するなど、「需給妙味は増幅する方向性」(同)にあるという。

サニックスの株価は13時18分現在465円(▼10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)