インタートレが急反発、パル子会社による健康食品分野への展開に期待

 インタートレード<3747.T>が急反発。21日付で健康食品などを展開するパル(東京都千代田区)を子会社化することを発表しており、株式市場活況による証券ソリューションの好調に加えて健康食品分野への展開も期待が高まっている。パルは、健康食品を中心に1000点以上の商品をカタログ販売しており、2012年3月期で約2万人の個人顧客への販売実績を有している。インタートレード自体も子会社である、らぼぉぐを中心に、サプリメントなどのハナビラタケ関連製品の生産体制を確立しつつあることから、今回のパルの子会社化によりフードサービス全般の事業展開が本格化しそうだ。
 
インタートレードの株価は13時29分現在2万8200円(△1700円)。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)