三越伊勢丹HDが2年ぶり4ケタ回復、不動産価格上昇と高額消費期待で

 三越伊勢丹ホールディングス<3099.T>が続伸で4ケタ大台を回復。株価を1000円台に乗せたのは11年2月以来、2年ぶり。次期日銀総裁に、金融緩和に積極的な姿勢を示すアジア開発銀行総裁の黒田東彦氏の起用が固まったとを各紙が報じたことから、一段と緩和期待が高まった。これを受けて「不動産価格の上昇や高額消費への期待が同社株物色の背景となっている」(準大手証券)もようだ。信用取組も信用倍率が0.3倍台と売り長であることから株式需給面でも上値に軽さがある。

三越伊勢丹HDの株価は14時46分現在1013円(△33円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)