今夜の注目材料は? 

今夜の注目材料は? 
東京市場のドル/円相場は日銀の総裁・副総裁人事についての報道で朝に大きく動いたものの、その後は小動きに留まっています。
この後の展開について、予定されている経済イベントを確認しつつ考えてみましょう。

2/25(月)
24:30☆(独)バイトマン独連銀総裁、講演
26:15☆(加)カーニーBOC総裁、講演
27:00  (米) 2年債(350億ドル)入札
27:30☆(ユーロ圏)アスムッセンECB理事、講演
―― ☆(伊) 総選挙
※☆は特に注目の材料

今日は何と言っても、市場の関心はイタリアの総選挙に集中しています。

圧勝する政党がないと見られる中、財政再建路線が維持されるかどうかが焦点です。

第1党になる見通しの民主党が、減税を公約に掲げるベルルスコーニ前首相率いる中道右派連合や、人気コメディアンで反緊縮派のグリッロ氏が率いる五つ星運動にも連立要請を行わなければならない事態になれば、ユーロは大きく売られそうです。

なお、ドル/円は日銀人事について、新たな材料が出ない限り、ユーロ/円の動きに連れると考えられます。