タカラバイオが造血器悪性腫瘍を対象とした遺伝子治療用医薬品のINDをKFDAに提出

 タカラバイオ<4974.T>はこの日大引け後にHSV―TK遺伝子治療プロジェクトの一環として、造血器悪性腫瘍を対象とした遺伝子治療用医薬品(開発コード・TBI―1101)の第Ⅰ/Ⅱ相臨床試験を韓国において実施するためのIND(新薬臨床試験開始届)を2013年2月22日付でKFDA(韓国食品医薬品安全庁)に提出したことを発表した。今後、KFDAによるINDの審査を本年5月中に終え、臨床試験実施施設のIRB(治験審査委員会)による審査などを経て、TBI―1101の第Ⅰ/Ⅱ相臨床試験を韓国において開始する予定。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)