トヨタが反落、急激な円高を嫌気

 トヨタ自動車<7203.T>が反落。前日の米国株市場でNYダウが急反落となったことや、為替市場での急激な円高進行など足もとはリスク回避の流れとなっており、主力輸出株の代表格である同銘柄にも売りが先行している。円相場はイタリアでの政局不透明感を背景にNYで一時1ドル=90円台後半まで円が買い戻されるなど円高が加速した。同社は対ドル1円の変動で営業利益ベース350億円の影響が試算されるなど為替感応度が高く、輸出採算の悪化の思惑も売りの背景となっている。

トヨタの株価は9時23分現在4725円(▼70円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)