コープケミが大幅続伸、農業関連の小型低位株で短期資金の買い続く

コープケミカル<4003.T>が続伸。株価は前日比16円高の140円まで買われている。政府・与党はTPP交渉参加に向けた調整の本格化で農業支援策を検討すると26日付の日本経済新聞が伝えている。同社は全農系の化学肥料の専業で、今後のビジネス拡大思惑を背景に、小型低位株の需給の良さを手掛かりにした短期筋が引き続き資金を振り向けている。

コープの株価は10時00分現在135円(△11円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)