ナノキャリア(4571)、高値を更新も、ダブルトップ形成の可能性

下方の窓が下値メド
高値を更新。1/29の高値(480000円)を一時超えたことで、達成感が漂っている。もし、ここで出来高を伴った上ひげが出現すれば、ダブルトップ形成のサインとなる。目先は調整局面に突入することが予想され、下方の窓(390000円-396500円)が下値メドとして意識されるだろう。